MENU

便秘が続くとどんな病気になるのか?

ぷりぷりプリンセス 病気

 

便秘になる人は、慢性的に続いていることも多いですので、それが当たり前になってきているという人もいます。

 

しかしいつものことだからと思っていたとしても、お腹が苦しいことには変わりありませんし、不快な症状が続いているはずです。

 

放置していてもいいことはありませんので、早く解消するようにしなくてはなりません。

 

あまりにも便秘が続いてしまえば、病気を誘発してしまうこともありますので、放置しておかないようにしましょう。

 

便秘が続くことによってどんな病気になるかというと、多い病気としてはがあります。

 

痔になってしまえば、椅子に座ることもできなくなってしまいますし、何らかの拍子に大きな痛みを感じてしまうようになります。

 

もちろん排便時にも痛みを感じることになりますので、注意しなくてはなりません。

 

 

痔になってしまえば肛門科などで診察をしてもらわなくてはなりませんので、少し恥ずかしい思いをすることにもなってしまいます。

 

しかし恥ずかしいからと放置していても症状は改善していきませんので、一度きちんと治すことが重要です。

 

また治療をして痔が治ったとしても、便秘が解消されていないようであれば、また痔になってしまうことになります。

 

 

便が硬くなってしまい、排便時に無理に力を入れてしまうことによって、肛門が切れてしまうことになりますので、痔を誘発してしまうことになるでしょう。

 

痔になりたくないのであれば、痔を治すと同時に便秘も解消していくようにしなくてはなりません。

 

 

便秘を治すためにできることは、排便習慣をつけることも大切です。

 

トイレに行きたくなくても、朝は必ずトイレに入って座るようにしてみましょう。
朝出るようになれば、昼間に便意を感じてもトイレに行くことが出来なくて我慢をしてしまうようなこともありません。

 

便意を我慢してしまえば、また出にくくなってしまいますので、朝排便できるように習慣づけるようにして、便秘にならないようにしていかなくてはならないのです。

 

便秘が原因で深刻な病気になる?

 

以前、厚生労働省研究班が、便通の回数や状態とがんの発症に関係があるかを調べたことがあります。

 

その時は『便通が2〜3日に1回と便秘がちでも、大腸がんになる危険度は特に高まらない』という結論が新聞で発表されたことがあります。

 

ですので便秘が続くと大腸がんなどの病気になってしまうのではないかと心配している方はそのような心配はしなくてよいと思われます。

 

しかし腸がきれいな人ほど若々しく健康でいられるというともいわれていますので便秘にならないほうが望ましいです。

 



ぷりぷりプリンセスはスッキリを目指す全ての方におすすめなサプリメントです!

※ぷりぷりプリンセス最もお得な公式サイトはこちらからどうぞ



ぷりぷりプリンセスの口コミ体験談TOP